tractatus

思考の垂れ流し

夢から醒めぬ夢

 眠気に誘われ目を瞑ると,いつの間にか夢を見ている.そしてそのことに気付くのは大抵,頭と身体が睡魔から解放されたときである.

 私は,夢の内容をどれほど細かに覚えているかがまちまちであることと,(よく言われる)夢は現実世界での経験と密接なつながりをもつこととが,深く関わり合っていると思えてならない.

 そう考えるのは最近,私自身が過去の苦しい記憶による悪夢に苛まれているからかもしれない.
頭の奥底に閉まっておいた筈の,忘れたい,けれどどうしても忘れられない過去が「思い出して」と謂わんばかりに夢の世界へと飛び出してくる.其奴は夢に留まらず,脳が再び活動を始めた現実の思考域にまで侵入してくる.そして次の夢にも現れる.この繰り返し…

 さてどうしたら消えてくれるのか.模索したが"過去と向き合う"よりほかに手段がなさそうである.それは……今の私にはまだできない,色々理由があって,と放置し,逃げ続けているわけで,今日も"即追いつかれてしまう追いかけっこ"をすることになりそうだ.昨日,一昨日と同じように苦い夢を見ると思うと床に就くのが憂鬱であるが,やはり睡魔には勝てない.眠気がもうすぐそこにまで迫っている.



嗚呼,夢を買えたらいいのになあ.
そんなこと出来るわけがないのはわかってる.

明日こそ自分の弱さに向き合うから,今夜はいい夢を見させて.

Night, night Sweetie.



(忘れたいけれど忘れられない過去の消化の仕方,知っていたら教えてください)