tractatus

思考の垂れ流し

人生の選択

 人の数だけ物語がある.1ミリとも違わない,他人と全く同じレールの上を歩むなど有り得ない.

 
 今日は何を着ようか,何を食べようか,選択の連続である.その1つ1つの選択が時の流れとして形をつくり,やがて"死"という人生の帰結を我々にもたらすのである.
我々がどれくらい生き,どのように暮らし,どれくらいの満足感を得てこの世を去るのか.
そんなものは選べないと多くの人は言うだろう.確かに人ひとりでどうこう出来ないこともあるが,しかし無意識のうちに選んでいるのもまた事実だ.
1つの決定がその先の命運を左右するというのはよくある話で,もう取り返しがつかない,時間は戻らない,あの時あれこれすれば良かったと後悔し,苦く切ない経験をしたことのある人はたくさんいるだろう.


 人生はやり直しのできない壮大なゲームである.だからこそ"生まれ変わったら何になりたい"とか"次の人生では裕福な生活を送りたい"とか,実体を示すことの困難な輪廻を信じ,ある人はこれに縋り,現世に生きることの難しさを乗り越えようとする.

 人生は選択の連続である."選ぶ"という行為は,我々が考えているよりもずっと重要なものなのかもしれない.