tractatus

思考の垂れ流し

人生の選択

 人の数だけ物語がある.1ミリとも違わない,他人と全く同じレールの上を歩むなど有り得ない.

 
 今日は何を着ようか,何を食べようか,選択の連続である.その1つ1つの選択が時の流れとして形をつくり,やがて"死"という人生の帰結を我々にもたらすのである.
我々がどれくらい生き,どのように暮らし,どれくらいの満足感を得てこの世を去るのか.
そんなものは選べないと多くの人は言うだろう.確かに人ひとりでどうこう出来ないこともあるが,しかし無意識のうちに選んでいるのもまた事実だ.
1つの決定がその先の命運を左右するというのはよくある話で,もう取り返しがつかない,時間は戻らない,あの時あれこれすれば良かったと後悔し,苦く切ない経験をしたことのある人はたくさんいるだろう.


 人生はやり直しのできない壮大なゲームである.だからこそ"生まれ変わったら何になりたい"とか"次の人生では裕福な生活を送りたい"とか,実体を示すことの困難な輪廻を信じ,ある人はこれに縋り,現世に生きることの難しさを乗り越えようとする.

 人生は選択の連続である."選ぶ"という行為は,我々が考えているよりもずっと重要なものなのかもしれない.

天使と悪魔

 己の内部に秘めた陰と陽.最近は陰の割合が知らず知らずのうちに多くなってきているように思う.
ちょっとした生活の乱れが体調不良へと繋がってしまう.前はそんなことこれっぽっちも有りやしなかったのに.鬼の霍乱,かしら.


 
 心の安寧を図り,何から何まで披瀝したなら少しは改善するだろうか.いいや,リスクが大き過ぎる.何せ世の中欺瞞だらけなのだから.総て曝け出したところでどこをどう弄られこねくり回されるのか見当がつかない.そんなもの沈着冷静に一瞥くれてやればいいって?そうしたら内なる陰が更に増幅して眞正の悪魔になってしまいそう.
結局は暗澹たる気持ちで,憮然として溜め息をつくのがオチだと思うのよ,悲観的なのはわかっているつもり,少なくとも頭では.

 
 そんなこんなで気散じに散歩をすることを薬としているこの頃.初夏の夕暮れ時に見晴らしの良い場所で感じる風は,心の澱を洗い流し五臓六腑をも心地良くしてくれるほど爽快である.風によって余計なものが取り除かれ,自身の抱え持つ明暗が可視化されたとき,それぞれの営みや関わり合いを垣間見ることができる.
大仰だと云われそうだが,これで何とか統制を取れているのだから是非とも習慣にしたい.

 
 
 道標がないなら自分で作ればいい.内なる天使の中に悪魔を見,悪魔の中に天使を見る.自分の傷を自らの手で深くし覗き込むようなこの行為が,騙し絵を探索する楽しみのように心身に働きかけ,健全な精神が緩やかに回帰することを強く望む.

夢から醒めぬ夢

 眠気に誘われ目を瞑ると,いつの間にか夢を見ている.そしてそのことに気付くのは大抵,頭と身体が睡魔から解放されたときである.

 私は,夢の内容をどれほど細かに覚えているかがまちまちであることと,(よく言われる)夢は現実世界での経験と密接なつながりをもつこととが,深く関わり合っていると思えてならない.

 そう考えるのは最近,私自身が過去の苦しい記憶による悪夢に苛まれているからかもしれない.
頭の奥底に閉まっておいた筈の,忘れたい,けれどどうしても忘れられない過去が「思い出して」と謂わんばかりに夢の世界へと飛び出してくる.其奴は夢に留まらず,脳が再び活動を始めた現実の思考域にまで侵入してくる.そして次の夢にも現れる.この繰り返し…

 さてどうしたら消えてくれるのか.模索したが"過去と向き合う"よりほかに手段がなさそうである.それは……今の私にはまだできない,色々理由があって,と放置し,逃げ続けているわけで,今日も"即追いつかれてしまう追いかけっこ"をすることになりそうだ.昨日,一昨日と同じように苦い夢を見ると思うと床に就くのが憂鬱であるが,やはり睡魔には勝てない.眠気がもうすぐそこにまで迫っている.



嗚呼,夢を買えたらいいのになあ.
そんなこと出来るわけがないのはわかってる.

明日こそ自分の弱さに向き合うから,今夜はいい夢を見させて.

Night, night Sweetie.



(忘れたいけれど忘れられない過去の消化の仕方,知っていたら教えてください)

気持ちを前へ,足取りは軽く

 桜を愛でる季節がやってきた.道を行く人の多くが薄紅色の花を見,匂いを嗅ぎ,春の訪れを感じることだろう.



 春は眠くなりがちだが,気の向くままにごろんと横になれるほどの暇はあまりない.何かと忙しい,新しい生活スタイルの始まりである.
ワクワクやドキドキ,嬉しさや不安感など,色々な感情が入り混ざるこの季節をどう過ごそう.

 
 私自身いいスタートを切れたとは思うが,桜が散り新緑が芽吹く頃には失速し始めているのではないかと思うと不安になる.
そんなことをぼそっと呟いた私に「いつも喜んでいたらいいんだよ」とアドバイスをくれた友人がいるのだが,理解に少々苦しんだ私は「そうね.しかしこれがなかなかね,ぐぬぬぬ…」と難しい顔をして応えてしまった.何日か前のできごと.

 時に敷かれたレールの上をただ歩かされているような感覚を覚えることがあるけれども,自分の明日を,1ヶ月後を,また1年後を,或いは将来を,プロデュースするのは他でもない自分自身であると,助言をもらって幾日か経過したある日,私はハッとしたのである.

 靄がかかり先の見通せない未来を想像し無駄に心配するよりは,前向きな気持ちのもと,軽い足取りで日々を過ごし,常に嬉々としている方が有意義に生きられるのだろうなあと.
「いつも喜んでいたらいいんだよ」というアドバイスは一見あばうとに思えるが,実はとても筋の通ったわかりやすい考えなんだなあと.
教えてくれた友人にありがとうと伝えた.



 喜びは生活を豊かにする.この春私が得た教訓である.

"いつも喜んでいなさい"───テサロニケ人への手紙 第一 5章16節

Thx

 ある夏の暑い日,母校の教師は言った.「勉強は自分のためにやるもの.だから感謝の気持ちは要らない」
それを聞いた私の頬をつたった汗が,決して暑さによるものでないのは言うまでもない.
 

 確かに自分の勉強そのものが直接他人の役に立っているとは思えない.だが「この"社会"に身を置き"社会"の中で学んでいる」ことを考えれば,今学べる幸せを後に生まれる人々に繋いでいくために,学びを社会へ返したいと思うはず.
大学或いは大学院,諸々の機関での研究成果は人類の生活を豊かにするし,沢山の人々に多大な恩恵を齎している.目的が明確であるにしろそうでないにしろ,社会へ返しているという点では小中高での学びも其れと全く相違ない.

 今まで生きてこられたのは沢山の人々の支えがあったからで,其れなしでは此処までこられなかった.だからこそ感謝の気持ちはもつべきものだし,そう深く考えなくとも自然に湧き上がってくる感情だと思う.
 
 他人の人生に関わりをもつというのは,程度の差こそあれ何かと責任を感じさせるもののような気がする.それが其の人の進路や思想に確かな影響を与える勉学であれば尚更そうであって,教師というのは,モノを教える立場につく人というのは,可視化されていなくとも必然的に重責を担わなければならないことになる.

 適当に教える大人もいるが,そうでなくひたすら子どものことだけを考えて教えてくれる大人もいる.本当に感謝の気持ちは要らないのか.
今ある状況を当たり前と思いそのまま大人になるのは,何というか,私の道徳観に反する.


 当たり前だと思いがちなこの状況や自身を支えてくれる人がいることを有り難いと思うことこそ,人間が人間たらしめるものなのではないだろうか.

ただいま

 人間というのは欲にまみれた動物なんだなあ,と思う.
あれを食べたい,あそこへ行きたい,もう少しゆっくりしていたい,等々.何もしたくない,というのもある種の欲と云えるだろう.
 
 朝起きて夜寝るまでの間,当たり前のように幾つもの欲を抱え,またそれを行為として完了させ生活している我々だが,欲のない状態に思いを巡らせたことはあるだろうか.欲の終わりは生命の終わりを意味する.その状況をよく捉えられていないのは,今生きている私たちが確かな伝聞も実体験も得られていないからだと思われる.
 
 ここ何日か旅行に出かけていた私は沢山の欲を目に見える形に難なく変換してきた.しかしいつかやってくるであろう「あれこれしたいが思うように身体を動かせない」「そもそもあれこれしたいと思わない」そういう"死"を微かに感じさせられる場面が,常に,今この瞬間もつきまとっている.
 
 "経験値に乏しい"とは,不安要素を増加させてしまうファクターであって,adな点はせいぜい"真実を知らずに平和でいられる"点であろう.これを幸とよぶか否かはまた別の議論が必須となるが,つまり裏側にある世界を考慮せず人生を歩むというのはどうも都合が好すぎる.己の領域を開拓するにはある程度の知恵や行動力,勇気が欠かせないが,何らかの手助けをしてくれるもののひとつが旅行である.初めて見聞きするものに自然と彩りを与えてくれる,とても有り難い.

 そんな有り難い経験である旅行の中で自身の知らない世界を数え切れぬ程見てきたわけだが,"裏"について熟考できる貴重な時間であった.
 
 
 おっと,気づけばもう居室.もう少し余韻に浸りたいが,日付が変わって今日からまた忙しくなる.慌ててノスタルジーに浸るための材料をフォルダに詰め込んで,非日常から引き戻された夜であった.

非日常を求めて

 その日のでゅてぃーに追われる中,非日常に浸りたいと思うことがある.やるべきことから逃れ,非日常の世界へ連れ出してほしいと誰に宛てるでもなく口にすることがある.
 
 非日常と一口に言っても解釈は人の数以上に存在するが,わたくしの場合は読書や旅行が其れに該当する.読書を通して自分の知らない世界を知ることができる.旅行を通して幅広く物事を見られるようになる.
知見の広がりというのはとても貴重なファクターで,人生の豊かさの観点から見ると小中高大での束縛的な勉学よりも遥かに,吸収され得るものを多分に含んでいるのだろうと思う.無論"愉しむ"ためには最低限の知識が必要となってくるわけだが,それもまた幼少期からの"非日常"の積み重ねにより自然と備わってゆく事項なのかもしれない.
 
 非日常に身を置くためには時間と金がかかる.自らが大人となりそれなりの収入を得られる身分となれるかどうか怪しいが,仮にクリアできたとして,今度は十分な時間が残されていない状態にあるかもしれない.寿命が尽きそうになり,自由に身体を動かせなくなる,そんな時期がやってくる前に色々経験しておきたい.時間は待ってくれないからこそ自分から取りに行く,"求める"姿勢を維持したい.
 
 人はなぜ非日常を求め続けるのか.この答を見つけられる日がありますように.

言語の人間性

 変なタイトルだが,読み終える頃には何となく其の真意を掴めてもらえるように綴りたいと思う.
 
 言語は意思をもたない.確かにそうだ.しかし,文章というのは誰かによって構築されたものであって,誰かの助けなしには生まれることのできないものである.言語自身の自発的な思慮などあり得るはずもないが,言語或いは文章の裏側には必ず人の存在が認められることを考えれば,言語の内に"人間性"なるものが存在すると捉えられるのではないだろうか.
 
 「僕はこの言葉に感銘を受けた」「私はこの言葉に突き動かされた」
これらのよく聞く台詞を頭に浮かべてみるとわかりやすいだろう.誰かの思惑や思考が,言語を媒介し他者へと影響を及ぼしている.発言者にそのような意図がなくとも,思考が文字化され相手へ伝わる条件が整ってしまえば我々の想像以上の力を持つのが言葉である.
 
 だからこそ会話の安定性を図り言葉を選んで会話するのだが,なかなかこれが難しい.しかし少なくとも意識に上らせることで余計なトラブルや些細な喧嘩等を減らすことができるだろう.
「心の安定性を保つ」「良好な関係を築く」とは,何も大きなことから発展させなければならないわけではなく,こうした日常における気遣いによるものに大きく依存しているのかもしれない.

素直でありたい

 自明度の高いものほど気づきにくい,と思う.当たり前であればあるほど其れに意識が向かわないからかしら.聞けば単純で誰でも思いつきそうだけれど「ああそんな発想が…」と驚かされ,また関心が其処へ向かわなかった自分に呆れることが日々数え切れぬほどある.
 
 物理学者として名を馳せたBohrのエピソードのひとつに気圧計に関するものがある.「気圧計を用いて某建物の高さを調べよ」という問に対して,当時高校生であった彼は突飛な解答を示したらしい(詳細は述べぬ,話すと長くなる).突飛といっても小学生でも容易に思いつくであろうその解答は周りを圧倒したらしい.
 
 上記の例に見てとれるように,容易く思考された結果のように思われても実はこれが意外と難しい.物事は我々が考えているよりも遥かに単純であると考えれば少しはBohrに近づけるだろうか.物理現象が自然に為されるように,自らも素直に思考すれば道は開けていくのかもしれない.
 
 今は亡きBohrやRutherfordに思いを馳せ,物理の参考書を終いながら,素直な人でありたいと呟きつつ床に就いた夜であった.